愛知銀行が提供しているカードローンの内容

愛知県名古屋市に本店を置く愛知銀行は、1910年に設立された第二地方銀行です。愛知県内97店舗をはじめとして、計106店舗で業務を展開しています。あい、ふれあい、きずきあいという言葉をスローガンとしており、多様な内容のサービスが提供されています。

愛知銀行の個人向けカードローンは、愛とポケットローン“ユー”の2種類が用意されています。愛は、20歳以上65歳未満を対象とした商品であり、30万円と50万円の2種類のコースがあります。旧債務返済資金と事業性資金としての利用は出来ませんが、それ以外であれば資金使途は自由です。また、安定して収入を得ているのであれば、フリーターも利用する事が可能です。

もう一方のポケットローン“ユー”は、30万円、60万円、100万円、200万円の4種類が用意されており、安定継続した収入を得ている20歳以上65歳未満を対象としたカードローンです。大枠の商品という事で、前年度収入が150万円以上等の複数の条件をクリアしなくてはなりません。

これら2種類のカードローンは、いずれもインターネットからの申込みが可能であり、窓口に足を運ぶ余裕がない人でも利用できる環境が形成されています。

キャッシングを利用して多重債務者になるリスクがある

キャッシングを利用する場合には、急にまとまったお金などが必要になり、誰にも迷惑をかけずに、お金を借りたいようなケースが考えられます。誰でもキャッシングの申込みをする場合には、借金を抱えると金利負担分が多くなりますので、一時的にお金を借りましても、すぐに返済することができるはずです。しかし、キャッシング業者に申込みをしますと、高めの利用限度額が定められることも多く、現金が必要になりましたら、すぐにキャッシングで現金を得られると思ってしまい、借金をしなくても良いのに、軽い気持ちでキャッシングを利用してしまう人も多いのです。どんな用途でも、簡単にお金が借りられるということは、とてもありがたいサービスであることは間違いのないことなのですが、お金にルーズな人がキャッシングを利用してしまいますと、多重債務者になってしまう可能性が高いのです。多重債務者とは、特定のキャッシング業者の借入限度額まで借金をしてしまい、リボ払いという分割払いで返済をしていても、毎月の返済に窮してしまい、借金の返済のために、新たなキャッシング業者からお金を借りてしまうような状態です。条件さえ満たせば、新たなキャッシング業者でも借入限度額が決められますが、新たなキャッシング業者での借入限度額まで借金をしてしまい、複数のキャッシング業者に毎月の返済をしなければならなくなる状態のことです。ただでも、お金がなく借金をしているのに、金利の高いキャッシング業者からの借入れを複数していますと、当然返済ができなくなり、債務整理をしなければならないような状態になってしまうのです。
即日融資キャッシング

アイフルのカードローン即日融資について

i9VfsV8Mアイフルは、アコム、プロミスなどとは異なり、銀行などの金融機関との業務提携を一切行わない、言わば一匹狼タイプの消費者金融です。サラ金地獄などの問題が大きくなり貸金業法が改正されると、すぐさま、消費者金融業界に暴風雨が吹きまくり、多くの中小消費者金融が姿を消していきました。そのような中で、幾つかの消費者金融は大手銀行とのタイアップにより生き残りを図ってきましたが、アイフルはあくまでも独自路線を貫いて、今や大手と呼ばれる銀行系消費者金融と肩を並べるようになりました。アイフルは時代に即応したインターネットによるカードローンの申し込みシステムを完成すると同時に、昔ながらの店舗における対面型の契約にも力を注いできました。どうしても今すぐお金が必要であれば、窓口に赴き直接担当者に話しを聞いてもらうことが効果的であるという理由もわかるような気がします。因みに、お客様が来店された場合、審査に通れば平均30分でカードを発行することができるとのことです。また、アイフルでは返済についても、毎月の返済日を固定する約定日型と、35日以内の自由返済を原則とするサイクル型のどちらかを選ぶことができます。お客様に無理をさせないことは、時として限度額を低めに設定するようなことに繋がりますが、アイフルを利用するお客様の中心は、長い付き合いをしていただいているサラリーマンだということにも、アイフルの基本的なスタンスが見えてくるようです。アイフルは何時でもお客様のサポートができるよう、スタッフ一同が常にしっかりとした心構えを持っている消費者金融です。

消費者金融による督促はフィクションの取り立てよりもソフトである

消費者金融は当然、客にお金を返してもらえない場合は取り立てを行います。ただ、意味のない取り立てを行うことはありません。どういうことかというと、たとえばフィクションの世界では借りたお金を返済しない客の家に、毎日、複数の人間で押しかけて返済を迫ったり、あるいは家の壁に落書きをしたり、張り紙をしたりということを行いますが、実際の消費者金融はそのようなことはしません。というのは、そんなことをしたら人件費がかかって赤字になってしまいますし、また、脅しをかけて取り立てをするというのは法律で禁止されているので、もし、そんなことをして通報されたら営業停止処分を下されてしまうかもしれないからです。
では、実際の取り立てはどのようなものかというと、郵便で送る書面による督促状であれば、このまま返済してもらえないと法的手段を執ることになるので、早めに連絡してくださいといったことが書かれていて、電話での督促であれば、いつ頃返済出来そうか尋ねるというものになります。勿論、債務者の主観で、怖い感じで言われるということはあるかもしれませんが、怒鳴りつけたり、あるいは返済しないとどうなるかわかっているかといった脅しはしてきません。
プロミス審査時間